top of page
  • 高嶺朝貴

ファスティング後の食生活




どうも高嶺です。



本日は、【ファスティング後、どういった食生活をした方がいいのか】という話をしていきたいと思います。



ファスティング終わって、回復食終わって、よし、ファスティング頑張ったご褒美にマックでハンバーガーとポテト食べよ〜ってならないでくださいね?笑



年末に家の中を大掃除して綺麗になった日の次の日に、家を散らかしているのと同じです。



ファスティングで体内の毒素をデトックスした後に、正しい食生活を送ることは、めちゃくちゃ大事です。



今回の記事をみて、実践することで、あなたは今の3倍以上は体の調子が良くなる可能性があります。



大袈裟かもしれませんが、それほど、今日の内容は有益な情報になっていると思います。



もっと健康になりたい方、もっと美容を追求したい方はぜひ最後まで記事をお読みください!


それでは早速本題にうつっていきましょう。



ファスティング後、どういった食生活をすればいいのか


結論からいうと、


まごわやさしい+玄米+味噌汁を食べて、半日断食をしていく



これです。



ここでの最大のポイントは、半日断食をしながら、になります。



半日断食については記事のの後半で説明するので、最後までお読みください!



まずは、

まごわやさしい+玄米+味噌汁について



玄米、味噌汁に関しては、説明するまでもないのですが、


まごわやさしいは知っていますでしょうか?



まぁでも、まごわやさしいは結構有名なので知っている方も多そうですね。



もし、知っている方は復習のつもりで。知らない方は絶対に知っておいた方がいい情報になるので、ぜひ読んでみてください!




まず、「まごわやさしい」とは、頭文字になります。


具体的には、


「ま」は、豆類・大豆類

納豆だったり、豆腐だったり、味噌とかですね。


「ご」は、ごま・ナッツ類になります。

黒ごまだったり、アーモンド、くるみなどのナッツ類ですね。


「わ」は、わかめ・海藻類。

海藻類は、ひじきや昆布、海苔とかですね。


「や」は、野菜・果物類

季節の野菜や果物を食べることをおすすめします。


「さ」は、魚類

ここでの魚類は、大きな魚ではなく、小魚のことです。

※まな板よりも小さい魚を推奨(なぜなら、大きい魚は水銀が含んでいるから)


「し」は、椎茸などのきのこ類

椎茸、エリンギ、舞茸とかおすすめです。


「い」は、いも類

じゃがいも、サツマイモ、里芋、山芋とかですね。



はい。

これがまごわやさしいの食材になります。



これに玄米と味噌汁を加えた食生活を心がけることで、



タンパク質、炭水化物、脂質の三大栄養素をバランスよく摂取できます。



さらに、生きていく上で必要不可欠なビタミン、ミネラル、食物繊維も多く含まれています。





そして、ここで1番伝えたいのは



まごわ優しいだけを考えていれば、難しい栄養バランスを考えなくても大丈夫ということです。




献立に、まごわ優しいが入っているか確認するだけ。



例えば、「ま」がなかったら、味噌汁に豆腐を入れればOK。「ご」がなければ、ごまを振りかけたり、おやつにくるみを摂取したりすればOK。わがなければ味噌汁にわかめ入れればOK。


とかみたいにしていければいいということです。



もし、栄養バランスがしっかりした食事にしたいけど、何を作ればいいか悩んでいる方は



「まごわやさしい」の食事を参考にしていただければと思います。



続いて、半日断食について。


半日断食について

正直、これを伝えたいと思ってこの記事を書いたといっても過言ではありません。



今まで、1日3食は絶対という風に思ってた方は、少しびっくりするかもしれません。



それほど、この半日断食というのは、素晴らしいので、ぜひ、読んでいただきたいです。



この半日断食は、本当に多くのメリットがあります。



僕自信が実体験としておすすめしたいことはもちろん何ですけど、


有名な書籍でも紹介されていたりします。


おすすめは、「空腹こそ最強の薬」



この本はぜひ読むことをおすすめします!

一応、商品リンクを貼っておきますね↓

https://amzn.to/39pY9j0





そして半日断食は、世界的にも注目を集めています。



なぜ、世界的に注目を集めているかというと



2016年に東京工場大学の大隈先生が、半日断食するとオートファジーが生まれることを発見し、ノーベル省を受賞したからです。



半日断食での効果は色々あるんですが、このオートファジーの効果はかなり素晴らしいものだと思います。



オートファジーについて、詳しく説明したら時間長くなっちゃうんで、簡単に説明しますと、オートファジーとは、細胞の中を綺麗にすることです。



それによって、がんや心臓病、脳卒中などの生活習慣病を予防できたり、ダイエットや美肌効果も期待できます。



さらに、半日断食することで、内臓休息もできるので、疲れにくい身体になって、仕事のパフォーマンスも向上します。



半日断食の素晴らしさは理解できたとして


じゃあ、具体的に、どうやった方法で半日断食を行っていくのか?


次はそこについて説明していきます。



まず、ここでの重要なポイントは、16時間空腹時間を作ることです。



なぜ、16時間かというと、オートファジー効果は16時間後に生まれるからです。



どうやって16時間の空腹を作っていくのか?については


例えば、睡眠8時間と就寝4時間前、起床後4時間で、計16時間確保することができます。


これはあくまでも一例なので、睡眠時間が6時間の人だったら、就寝前6時間、起床後6時間とかにすればOKということです。



そして16時間の間は、水やノンカフェインのルイボスティーなどは積極的に摂取するようにしていきます。



そして朝は酵素ドリンクを摂取すると、代謝機能も向上して、より効果も高まりますので、かなりおすすめです。



僕自信が実際に使っている、おすすめの酵素ドリンクとルイボスティーの商品のリンクを概要欄に貼っていますので、興味がある方はみてみてください

https://amzn.to/2YnopEk (酵素ドリンク)

https://amzn.to/2MEPboX (オーガニックルイボスティー)




まとめ

ここまでみてくださってありがとうございます。



それでは、今日の内容を簡単に復習していきます。



今日の話は、「ファスティングが終わったあと、どういった食事をすればいいのか?」という内容でした。



結論は、まごわ優しい+玄米+味噌汁を摂取すること。


まは豆類、大豆類

ごはごま、ナッツ類

わはわかめ、海藻類。

やは野菜、果物類

さは魚類

しは椎茸などのきのこ類

いはいも類


これらを考えた献立にすると、難しい栄養バランスなどを感がなくても、

三大栄養素とビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく摂取できます。



続いて、半日断食について、


半日断食は、健康、美容で多くのメリットがあります。


16時間の空腹時間を作ることでオートファジー効果が生まれ、細胞が綺麗になります。なので、睡眠8時間、就寝前4時間、起床後4時間は固形物を摂取しないことです。


16時間の間は、水分摂取は水かルイボスティーを積極的に摂取。


朝は酵素ドリンクをとると、代謝も上がるのでなお良い。



これらを実践することで、体の調子がかなりよくなると思いますので、ぜひ実践してみてください。



では、また次の記事でお会いしましょう!!


高嶺




​高嶺朝貴
ファスティングと分子栄養学を軸にアプローチしていく体質改善専門家|理学療法士|ファスティングマイスター|分子整合医学美容食育協会 鴻巣支部長|沖縄を離れ、埼玉の病院に就職⇒2年で退職し、独立の道へ|自身も食事改革で長年の疲労体質を克服|実体験と根拠をもとに、体内から健康とキレイを実現させる秘訣を呟きます